論文

ボルドーでお気に入り

La TupinacepesとFronsac.jpg沿って Deirdre Bourdet

ボルドーへの旅行で必見の場所は何ですか、誰ですか、どこですか?私の元同僚によると、LaTupinaと呼ばれる居心地の良い小さなレストラン。彼らのウェブサイトをざっと見てみると、この30年の歴史を持つこの施設は、最高の地元の食材と大量のノスタルジックな情熱で調理された、シンプルでクラシックなボルデレー料理に誇りを持っていることがわかりました。フランスのサルコジ大統領も​​最近の街への訪問で昼食をとっていたと読んだとき、私はこの場所に本当に何かがあると思い、Vinexpoの狂気から早く切り取って自分の目で確かめました。

信じられないことに、5万人のワイン業界のメンバーが街を追い抜いた日、私は昼食時間の真っ最中に予約なしで入って来て、彼らのテラスでプライムテーブルを獲得しました。さらに信じられないことに、私は非常に愛想がよくて親切なウェイターも獲得しました…はい、彼らはフランスに存在します。彼は食べるのが大好きで、十分な時間があればメニュー全体を楽しく食べることができると確信したこの若いグルマンは、メニューのお気に入りのアイテムのいくつかに親切に案内してくれました:cèpesenpersillade(ソテーしたポルチーニ茸と塩だけで構成される季節の特産品) 、コショウ、パセリ、にんにく少々)に続いて、赤ワインソースのチョウザメのフィレミニョン。私は魚が大好きですが、セペスは私が今まで食べた中で最高のキノコを手に入れ、完全に食事を作りました。美しく、ほとんどわくわくするような準備からはほど遠い、彼らは非常に単純に、奇跡的でした。クリーミーで柔らかく、信じられないほどジューシーな食感は、ぼんやりと甘いパンを思い出させましたが、純粋に土とキノコのエッセンスを味わいました。きのこを口の中で溶かし、腕のきのこで死ぬ、ソテーしたセペスが私の心を奪った。

La Tupina、6、rue Porte de la Monnaie、ボルドー、フランス。 (+33)5 56 91 56 37 www.latupina.com

推奨されます