論文

Domo Arigato, Mister Morimoto

morimoto1.jpg沿って Deirdre Bourdet

ワインカントリー(そして実際にはカリフォルニア州全体)の寿司愛好家の集合的な喜びに、アイアンシェフの森本正治は今年7月にナパのダウンタウンに彼の最初の西海岸のレストランの扉を開きました。開店以来、毎晩満員の場所であることがわかります。水曜日のランダムな夜を含め、ついにアイアンシェフの作品のいくつかを試食するためにそこに着きました。予約なしで散歩していると、バーカウンターに隣接する都会的なアームチェアのあるラウンジエリアと、酒瓶の上のガラス板の後ろに吊るされた劇的に節くれだったジンファンデルのつるで2席を獲得できるのではないかと思いました。しかし、6時15分に–これは水曜日だったと言いましたか?–ラウンジとバーの両方は、幸運に興奮して目がくらむような転倒客ですでにいっぱいでした。私と刺身を愛する犯罪のパートナーにとって幸運なことに、9席の寿司バーとその貴重なリングサイドの寿司職人の眺めは広く開かれ、私たちを待っていました。

morimoto2.jpgソーシャルシーンよりも食べ物に興味のある人にとって、ここはあるべき場所です。目の前に広がる新鮮なシーフードのきらめく虹、若い寿司職人の遊び心のあるサスと外科的精度、油を塗った機械のように料理をつぶすオープンキッチンの怒りと匂い…そしてアイアンのほぼ一定の景色ちょうど別のレストランマネージャーのように注文を促進し、窓際で自分自身をシェフします。黒のTシャツ、ショートパンツ、白のスニーカー、長い黒のシェフのエプロンを身に着けた森本は、厳格で恐ろしい鉄人シェフというよりは、楽しい男のように見えました。スターに打たれたゲストを写真のポーズで甘やかす彼の意欲と一見本物の歓迎は、彼が実際にはとても素敵であるという噂を裏付けました。キッチンのパススルーウィンドウに注文を集めるためにいないとき、彼は部屋に出てゲストに挨拶し、彼らのご愛顧に感謝しました。卑劣で喜ばしい方法ではなく、誠実な謙虚さと感謝を込めて。ファンです。彼は持続可能なクロマグロだけを提供しています。

しかし、どんなに多くのシェフを崇拝しても、平凡な料理を提供する高価なレストランに戻ることはできません。そのため、パートナーと私は最初の一口で安堵(そしてエクスタシー)のため息をつきました。食べ物は頭の中で目を丸くしておいしいです。私たちの最初の味は、「マグロのピザ」の前菜、サラダニソワーズの巧妙な東部のリフ、そして夜の私たちのお気に入りの料理の1つでした。それは、18ドルの値札を十分に正当化する、手付かずのマグロ刺身で完全に覆われたサクサクのトルティーヤベースで始まり、その後、半分にされたベビートマトとニソワーズオリーブ、スライスされたハラペーニョ、ベビーコリアンダーの小枝、そして見事においしいアンチョビアイオリで描かれたモダンなチェッカーボードがトッピングされます。

morimoto4.jpg私たちにとってもう1つの傑出したアイテムは、サーバーの提案の1つである和牛のカルパッチョでした。 1皿あたり21ドルで、実際に到着するまで前菜は高すぎるようでした。ゴージャスな刺身風の和牛13枚を片面にフラッシュソーイングし、生の面を下にして柚子、生姜、にんにく、濃い大豆のおいしい水たまりに入れました。生のジューシーさ、焼きたての食感、そして付随するソースのフレーバーの完全なスペクトルは、カルパッチョのこのひねりを完全に魅力的にしました。

メニューのページとページは、一度に全部食べられないことを明らかにしてくれたので、私は興奮し、がっかりしました。同様に気の合う人は、キッチンが森本の料理の複数コースの紹介を選択する、1人あたり110ドルのおまかせオプションを検討する必要があります。次回行くときは、そうするかもしれません…アラカルト寿司オプションのサイレンの呼び出しに抵抗できれば。期待される基準(まぐろ、酒、はまち、うなぎ)、デリゲールの高級定番(うに、中トロ、おとろ、タラバガニ、ロブスター)に加えて、森本はそれらのためにいくつかの珍しいものを提供します生で新しい冒険を求めています:ズワイガニのカニミソ、アワビ、そして-本当に究極の鮮度-生きたタコ。寿司や刺身のシェフズセレクションのオプションもあります。リラックスして食事をしたいときのために。

フードメニューと同様に、ドリンクリストはすべてのベースをカバーし、すべての人に何かを提供することを目的としています。ウィット:モリモティーニ-シロックウォッカ、森本純米酒、日本のきゅうりなどのオリジナルカクテル、森本自身の酒のフライトや1972年の彼の熟成バージョンの2オンスの注ぎ(わずか60ドル)を含む、あらゆる種類の焼酎と酒)、国産ビールと輸入ビール(ドラフトパイントはたったの4ドル!)、そしてほぼ完全に地元のラベルで構成された手頃な価格のワインリストと、いくつかの旧世界のボトルが適切に投入されています。

最初の訪問の興奮で、私はレストランの入り口にある小売センターにほとんど気づきませんでした。このフロントルームは、カジュアルなダイニングエリアを装っていますが、実際にはお皿、ボウル、包丁、本、日本酒、そして…森本級の家庭料理用の魚肉製品を販売しています。

ナパのダウンタウンが到着しました!シーフードを食べましょう。


推奨されます