論文

知ること:オレゴン州南部

冒険の準備はできましたか?オレゴン州南部の駆け出しのワイナリー、グランツパス、南からメドフォード、ジャクソンビル、アッシュランドまで-国民の注目を集め始めたばかりです。この新興のワイン産地への訪問者は、多くの個人的な注意とユニークなワインの発見で報われます。あなたはただどこを見ればいいのかを知る必要があります。

ブドウは、グランツパスとアッシュランドの間の丘で100年以上熟成しています。アメリカ西部の多くのように、南オレゴンはワイン造りへの情熱を新世界にもたらしたヨーロッパからの移民の波によって定住しました。南フランスに似た気候-暑くて乾燥した夏と海の冷房の影響-ブドウが繁栄しました。しかし、かつては小さな家族経営のブドウ園で、食卓にちょうど十分なワインを生産していたものが、今では大規模な商業活動に成長しています。-また、新しい機会を求めているカリフォルニアとフランスの生産者を引き付けています。

しかし、この地域はまだワインの面でまだ揺籃期にあります。ほとんどのワイナリーはまだ小さくて親密な関係にあり、職人のワインを生産しています。価格は驚くほど高くなる可能性があり(多くの場合、ボトルあたり25ドル以上)、あるワイン醸造業者は、生産コストが高く、ヴィンテージが3つか4つしかない若い新興ワイナリーにとって必要な悪だと説明しています。

極北のウィラメットバレーとは異なり、この地域には独自の品種はありません。長く暑い夏と雨がかなり少ないため、メルロー、カベルネソーヴィニョン、シラーなどの温暖な気候のブドウ(マルベック、テンペラニージョ、カベルネフランなどのあまり知られていない品種に加えて)が繁栄し、興味深いワインを生産しているようです。ピノノワールやピノグリと同様に、いくつかのヒットとミスの成功がありましたが、全体として、それらは通常、より涼しい気候に適しています。

この地域のワイナリーは、小規模で非公式なもので、華やかさはあまりありません。本格的なテイスティングルームと同じように、テーブルと椅子がいくつかある即席の納屋や別棟に足を踏み入れる可能性があります。そしてそれがすべての魅力です。洗練されたワインもありますが、それらの多くには情熱と真剣さがあり、より成熟したワイン産地ではほとんど見られません。

オレゴン州南部は、道路のほぼすべての曲がり角の周りに驚くべき宝石で、オープンマインドと好奇心と報酬を求める地域です。



推奨されます