論文

Hard Times:Harvest Report 2008

コートニー・コクラン
確かに、カリフォルニアのワイン醸造業者は、この成長期のリンガーではないにしても、何も経験していません。 3月下旬の壊滅的な霜(30年以上で記録上最悪)から始まり、一部のブドウ園の作物の30%も減少しました。2008年は、ワイン造りに近いほぼすべての人の気概をテストした年でした。ゴールデンステート、特に大打撃を受けた北カリフォルニアの人々。つまり、春の霜に続いて、一連の壊滅的な夏の火がワインの国を襲い、ワインメーカーはさらにいらいらしました。今回は、豊富な煙がまだ製造されていないワインに与える潜在的な影響についてです。確かに、困難な時期。カベルネカムバック
幸いなことに、州中のワインメーカーが物事を探しています。果物が入り続けているため、多くのワインメーカーは、このヴィンテージが実際に多くの恐れられているよりも優れている可能性があるという多くの兆候に応えて、一斉に安堵のため息をついています。特定のブドウ品種の場合、誰よりもはるかに優れています。当初は予想されていました。

ナパのデビッドアーサーヴィンヤーズのワインメーカーであるナイルザッヘルは、ワイナリーのカルトで人気のあるエレベーション1147カベルネソーヴィニヨンを作り、2008年はボルドーの品種にとって非常に良い年になりつつあると述べました。 8月の熱波。 「(ナパの)タクシーとボルドーの品種にとって、今年は素晴らしい年になるでしょう。今は涼しい天候のサイクリングがあり、夜は40〜50度、日中の気温は70年代後半から80年代半ばまでです。素晴らしいです。」

ピノ・ノワール
Zacherleはさらに、春の霜とその結果としての作物の損失を前向きに捉え、ブドウの木がシーズン後半に貴重なエネルギーをより少ないクラスターに注ぐことができたため、「変装した祝福」と見なすことができると述べました。しかし、この利点の裏側は、ワイン醸造業者がナパ南部全体とソノマの大部分でピノノワールで現在経験していることです。 。

ソノマカウンティの多くのブドウ品種からワインを製造しているHoboWineCompanyのKennyLitikprakongは、次のように述べています。熱スパイクの後、収穫は猛烈な勢いで進みました–私たちはあまりにも多くの果物をあまりにも早く持っていました。そして、多くの人が手に入れたのは、それをバックアップするフレーバーのない、本当に高い糖度の果物でした。」ピノノワールのフレーバーの発達には、ハングタイムが重要です。ピノノワールは通常、9月の大部分までブドウの木にあり、その間、フレーバーの発達に伴って糖度が多少上昇します。しかし、今年の収穫量の減少、平均よりも少ない降雨量の2年目からのブドウのストレス、8月の猛暑の組み合わせは、一部の生産者にとって災害を引き起こしました。

Zacherleは、この現象を小型車に大きなエンジンを搭載する問題と比較しました。「どういうわけか、それは完全に正しく調整されていません」と彼は嘆きました。

混合結果
最終的には、ピノの収穫が季節外れに早いにもかかわらず、リキットプラコンは、今年ソノマでいくつかの良いワインが作られることを期待しています。 「それは、いくつかの良いワインやいくつかの素晴らしいワインが生産されないという意味ではありません」と彼は主張しました。特に、ジンファンデルやカベルネソーヴィニヨンのような、厚い皮が熱スパイクの強度の多くに耐えたブドウに関してはそうです。 「それでも」彼は、ピノをほのめかして、「今年はすべてがうまくいくとは限らない」とヘッジした。

同様に、白ワインのレポートはまちまちです。ソノマのアレクサンダーバレーにあるメドロックエイムズワイナリーのゼネラルマネージャーであるケネスロックフォードは、先週選んだばかりのワイナリーのソーヴィニヨンブランは豊富で均一に熟しているものの、非常に苦しんでいるソーヴィニヨンブランとシャルドネの果実が他の場所で収穫されているという話を聞いたと報告しています。 「2008年は本当にトリッキーでした」と彼は認め、「まだいくつかの良いワインが作られていますが、それらの数は[より多くのヴィンテージよりも]少ないです」と付け加えました。

煙による汚染による被害は、当初予想されていたよりも、生産者にとって深刻な懸念ではなくなってきています。 2008年の収穫からの初期のラボテストでは、実際にワインに煙の化合物の痕跡がいくつか示されていますが、ナパ/ソノマ地域では、ワイン醸造業者はその数が非常に少ないと報告しています。しかし、煙の影響を最も受けているワイン生産地域であるメンドシノ郡の栽培者は、別の話かもしれません。予備的なラボテストでは、多くのメンドウブドウに煙による汚染の証拠が実際に示されていますが、その汚染がこの地域の完成したワインの「オフ」フレーバーにつながるかどうかはまだわかりません。

その間、私たちにできることは、しっかりと座って待つことだけです。なんと2008年。

推奨されます