論文

オレゴン、なんて旅行だ

M.L.ヒルトン(オレゴン)—オレゴンへの旅行は、私にとって帰郷のようなものです。私は高校時代と大学時代の初めをそこで過ごしましたが、もし私がそのような不幸の傾向がなかったら、私はとどまっていたでしょう。オレゴンから電話がありました。溶岩原;火山;ラフティング、水泳、釣りをする川。ハイキングやスノーボードをする山々。すべてを育てる緑豊かな谷(肥沃な香り)。探検する砂漠。国境を越えて一歩踏み出すと、私は卓越風に顔を上げ、鼻にしわを寄せ、どちらの方向が最新の悪用につながるのか疑問に思います。オレゴンワイン業界の探検に身を任せる時間があれば、(私が持っているように)止まり、味わい、飲み、眠り、そして会話するための魅力的な場所を見つけるでしょう。あなたは新しい友達と一緒に家に帰る可能性が高く、あなたが多くのオレゴン人のようであるならば、あなたは滞在に戻るかもしれません。有名なウィラメットバレーにはワイナリーが最も集中しており、最近までおそらく最も報道されていましたが、南の国境から始めることを検討することをお勧めします。ここでは、興味深いワインメーカーの宝石を見つけることができます(多くの独学-つまり、彼らはあなたと情熱を共有しているだけでなく、彼らが救ったかもしれない退職を頻繁に共有しています)。 I-5でオレゴン州とカリフォルニア州の国境を越える場合は、ウェイシンガーズワイナリーに立ち寄る必要があります。私は9月中旬にそこで朝食のワインテイスティングをしました。それはおそらく私の想像の産物でしたが、私が味わった味は、二重のパティオドアの外の素晴らしい朝によって強化されたと確信していました:花とブドウの木のスプレーが手すりにくっついていました、香りのよいそよ風と牧歌的な景色がゲストを洗い流しました人の会話の中で、鳥、蜂、昆虫も聞こえてきました。ワインは本当に経験についてです。私のお気に入りは、試してみましたが、私の食器棚に住んでいるものは他にもあり、それらには物語や思い出があります。ジョン(創設者)とワインメーカーの息子エリックを訪ねた後、あなたはいくつかの選択肢があります:メドフォードに蛇行するか、アップルゲートバレーを上ってローグに進みます。いずれにせよ、地図を手に取ると、看板はひどくまばらで、高速道路から離れたほとんどすべてのワイナリーやワイン産地がトランペットで飾られているカリフォルニアとは異なります。オレゴンは、彼らが言うように、個人主義者についてです–あるブドウ栽培者は、クマをベリーから遠ざけるためにラッシュリンボーの大音量のテープを演奏します。しかし今、家族経営のパイオニアワイナリーの多くが第二世代の手に渡っています。あなたがそれを持ちたいのであれば、ハンサムな若い息子は間違いなくワインメーカーのファンタジーの価値があります。しかし、他の利点は、業界のプロセス、教育、および結束性が絶えず増加していることです。だから、どんな経験をしたいのか:思い出の小道を下る旅、作る新しい思い出、共有する新しい冒険、私の経験では、オレゴンワインカントリーへの旅行はきっとあなたをそこに連れて行くでしょう。

推奨されます