ブログ

赤ワイン(品種、価格、2021年に購入するのに最適なワイン)

赤ワインについてもっと知りたい、そしてあなたのコレクションに最適なものをいくつか購入したいですか?


赤ワインに関しては、クラシックなブドウの品種のまばゆいばかりの配列に出くわします。それぞれの味は、そのメーカーと産地によって異なります。

しかし、どのようにして購入するのに最適な赤ワインを選ぶのですか?


どれが早めの飲酒用で、どのボトルが保存できるか あなたのワインセラー 長期投資として?

最も重要なのは、それらを購入する最も簡単な方法

この記事では、主な種類の赤ワインや赤ワインの製造方法など、赤ワインのさまざまな側面について説明します。

また、購入する最も賢い方法世界のいくつか最高の赤ワイン


参考文献

のような他の切望されたワインをチェックしてください ドンペリニヨン! また、 2020年に試すべき最高のワインブランド。

この記事には

(特定のセクションにジャンプするには、以下のリンクをクリックしてください)

  • 赤ワインとは何ですか?
  • 赤ワインの種類は何ですか?
  • 赤ワインはどのように作られていますか?
  • 赤ワインの提供と飲酒
  1. 赤ワインの出し方
  2. 赤ワインにはどんな食べ物が合いますか?
  3. 赤ワインの栄養成分
  4. 赤ワインは健康に良いですか?
  5. 毎日赤ワインを飲んでも大丈夫ですか?
  • 2021年に購入すべき最高の赤ワイン(価格と味を含む)
  1. スクリーミングイーグルカベルネソーヴィニヨン2006(米国)
  2. DRCロマニーコンティ2015(フランス)
  3. ペンフォールズビン389カベルネシラーズ2017(オーストラリア)
  4. Achaval-Ferrer Chimera 2014(アルゼンチン)
  5. ベガシシリアユニコ2009(スペイン)
  6. シャトーラフィットロスチャイルド、 ポイヤック 2018年(フランス)
  7. Gaja Barbaresco、ピエモンテ2006(イタリア)
  8. マルケシアンティノリ ソライア トスカーナIGT2015(イタリア)
  9. シャトーラヤスシャトーヌフデュパプリザーブ2008(フランス)
  • 赤ワインの購入方法

赤ワインとは ?

赤ワインは、浅黒いブドウの発酵果汁から作られたアルコール飲料です。カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、メルローなど、さまざまな種類の赤ワインがあり、味や色はすべて異なります。


赤ワインとは何ですか?

詳細を詳しく見ていきましょう。

赤ワインの特徴は何ですか?

赤ワインには、色、風味、タンニンレベル、酸味の4つの主要な特徴があります。

A.赤ワインの色

赤ワインの色は、濃い不透明な紫色から柔らかく淡いルビーまでさまざまです。その色は年齢とともに変化し、明るく若々しい赤の色合いから熟成したガーネットまたは茶色に変化します。

B.赤ワインのタンニンレベル

ワインを味わうと、口の中で乾く感覚に気づいたことがありますか?


これは、ブドウの皮、種子、茎に由来するタンニンに含まれるポリフェノールによるものです。それが赤ワインにその食感、構造、熟成能力を与えるものです。

タンニンはワインが古くなるにつれて柔らかくなります。これが、若いタンニンのワインが数年間瓶の中で熟成させられたときに味が良くなる理由です。

C.赤ワインフレーバー

赤ワインの製造に使用されるさまざまなブドウは、果物、ハーブ、花、スパイス、土の要素のさまざまなアロマとフレーバーを生み出します。

これらはそうではありません追加されましたワインに-それらは酸とブドウの皮の有機化合物から来ます。たとえば、メルローのブラックチェリー、ラズベリー、スギ、さらにはタバコのノートを見つけることができます。

D.赤ワインの酸味

酸は、防腐剤として働き、新鮮さと構造を与えるワインの必須成分です。

ワインの酸味は、他の甘い、苦い、またはタンニンの要素に対抗する、酸味または酸味によって検出できます。


赤ワインの種類は何ですか?

赤ワインの種類は何ですか?

今日世界で見つけることができる20以上の主要な赤ワインの品種があります。ここに最も人気のある赤ワインの種類のいくつかがあります。

1.カベルネソーヴィニヨン

カベルネソーヴィニヨンは 世界で最も植えられたブドウ 。ナパバレーの主要なブドウであり、多くのボルドーワインの主成分です。

カベルネ・ソーヴィニヨンの老化の可能性:〜10〜50年

カベルネソーヴィニヨンのフレーバープロファイル:カベルネ・ソーヴィニヨンは、中程度から強いタンニンを持つドライでフルボディのワインです。フレーバーはフルーティーなものからスモーキーなオークまでさまざまで、チェリー、スグリ、ピーマン、ダークベリー、タバコ、バニラ、スギの香りがあります。

2.カベルネ・フラン

カベルネ・フランは、カベルネ・ソーヴィニヨンに比べて、より素朴でタンニンがあります。カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローとともに、ボルドーブレンド赤ワインの主要な構成要素の1つです。

カベルネ・フランの老化の可能性:〜5〜15年

カベルネ・フランのフレーバープロファイル:カベルネ・フランは、スミレ、ブルーベリー、ブラックオリーブ、焼きたてのコーヒー、土の純粋なノートを特徴とすることがよくあります。

3.少し

ガメイはボジョレー(フランスのアペラシオン)のブドウであり、通常は早めに飲むワインを生産します。のような炭素浸軟によって作られた若いガメイ ボージョレヌーボー 、バナナの香りでわずかに発泡性があります。

ガメイの老化の可能性:最長10年

ガメイのフレーバープロファイル:ガメイは、ラズベリー、ストロベリー、スイートチェリーの明るくピリッとしたフルーティーなフレーバーを提供します。

4.グルナッシュ

グルナッシュ スペインとオーストラリアの最高のワインのいくつかを作ることになります。これらの赤ワイン用ブドウは、フランスのシャトーヌフデュパプ、ジゴンダス、 コート・デュ・ローヌ 。

グルナッシュの老化の可能性:〜5〜10年

グルナッシュのフレーバープロファイル:グルナッシュは大胆で、酸味が少なく、アルコール度数が高く、スパイスとチェリーのフルーティーさが特徴です。

5.メルロー

赤ワイン:メルロー

メルローは、カベルネソーヴィニヨンに次ぐ、植えられたワイン用ブドウで、深みのあるルビーレッドのワインを生産します。その最高のものは、ヴィンテージが熟成の大きな可能性を秘めているボルドーから来ています。初めてワインを飲む人や、赤ワインを試したい白ワイン愛好家にも最適です。

メルローの老化の可能性:〜5〜50年

メルローのフレーバープロファイル:メルローはフルボディで、酸味とタンニンが少ない。プラム、ストロベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ブラックチェリースイカ、チョコレートのジューシーなフレーバーを探してください。

6.ジンファンデル

ジンファンデルは、カリフォルニア州ソノマ郡で最も広く栽培されています。このブドウ品種は、米国、オーストラリア、イタリアのワイン産地でも栽培されています。

ジンファンデルの老化の可能性:〜3〜5年

ジンファンデルのフレーバープロファイル:ジンファンデルは通常、ブラックベリー、ラズベリー、レーズン、ブラックチェリー、プルーンのフレーバーを特徴としています。高レベルのアルコール含有量と中〜高タンニンの傾向があります。

7.シラーまたはシラーズ

フランスではシラーとして知られており、その最も複雑な表現はローヌ北部のブドウ園で見られます。

シラーまたはシラーズの老化の可能性:〜5-50年

シラーまたはシラーズのフレーバープロファイル:シラーズは、スパイシーでコショウのような要素を持つ大胆なワインです。ブラックベリー、プラム、ボイセンベリーなどの豊富な果物とクローブが特徴です。

8.マルベック

マルベックはフランス原産ですが、主にアルゼンチンで生産されています。濃い紫色の飲みやすいワインで、新しいオーク樽で熟成させることができます。

マルベックの老化の可能性:〜5〜15年

マルベックのフレーバープロファイル:ブラックベリー、ブルーベリー、プラム、サワーチェリーのリッチでビロードのようなフルーツフレーバーが特徴で、スモークとスパイスの含みがあります。

9.ピノ・ノワール

赤ワイン:ピノノワール

ピノノワールは、肌がもろく、日差しが不十分な場合に完全に熟すことができないため、ワインメーカーが栽培するのが難しいブドウ品種です。成長が難しいため、ワインメーカーとワインコレクターの両方から非常に切望されています。ブルゴーニュはピノノワールで最もよく知られている地域です。それは繊細で芳香のあるワインを作り、多くのスパークリングワインの主成分です。

ただし、ニュージーランド、カリフォルニア、およびオレゴンの温暖な場所では、 ピノノワールワイン 驚くほど密でジャミーです。

ピノノワールの老化の可能性:〜3〜50年以上

ピノノワールのフレーバープロファイル:ピノノワールは軽くてシルキーです。ラズベリーの輝きを放ち、クローブとフローラルの香りがします。年齢とともに、その煙とバニラのフレーバーがより一般的になりました。

10.サンジョヴェーゼ

サンジョヴェーゼはイタリアで最も人気のある赤ワインの品種です。トスカーナの主要なブドウであり、 キャンティワイン そしてイタリアのスーパートスカーナ。

サンジョヴェーゼの老化の可能性:〜10〜30年

サンジョヴェーゼのフレーバープロファイル:パイチェリー、タバコの葉、アニスのフレーバーが特徴で、熟成した樽からバニラとオークが入っています。

11.ネッビオーロ

この淡い色のワインは、強いタンニンとたくさんの酸を持っています。ネッビオーロはバローロの主要なブドウです、 バルバレスコ ガッティナラはすべてイタリアのピエモンテ地方で生産されており、他の場所で栽培するのは困難です。

老化の可能性:〜10〜50年

フレーバープロファイル:ネッビオーロは、プラム、タール、パイチェリーのフレーバーが特徴です。それは、加齢とともにはるかに複雑で興味深いものになります。

これらの最高の品種に加えて、テンプラニーリョ、ムールヴェードル/マタロ、ランブルスコ、バルベーラなど、世界中から集められた他のブドウにも出会うでしょう。

それでは、赤ワインを作るプロセスを見ていきましょう。



赤ワインはどのように作られていますか?

赤ワインは、黒または赤ブドウの果肉をブドウの皮と一緒に発酵させてワインに色を付けて作られています。実際、赤ワインと白ワインは同様のワイン製造プロセスを使用して製造されていますが、大きな違いが1つあります。白ワインは、砕いたブドウの果汁を発酵させて作られます。この場合、ブドウの皮は剥がされ、もはや役割を果たしません。

赤ワインはどのように作られていますか?

赤ワインの製造手順を簡単に見てみましょう。

1.ブドウの収穫と加工

ブドウは手作業または機械を使用して収穫され、ビンに入れられ、加工機械に送られます。一部のワインメーカーは、ブドウが完全に熟していることを確認するためにブドウを手摘みすることを好みます。

2.ブドウの粉砕

ブドウは通常、粉砕する前に除梗されますが、一部のワインメーカーは、ワインに個性を加えるためにブドウをそのままにしておくことを好みます。

ブドウを砕くと、皮、ジュース、種子が混ざり合います。これは「マスト」と呼ばれます。マストは、ステンレス鋼やコンクリートのタンク、またはオークの大桶に移されて発酵します。

3.冷却する必要があります

一部のワインメーカーは、「コールドソーキング」としても知られる発酵前の浸軟のためにマストを1〜4日間冷やすことを好みます。

これを行うと、タンニンを除いた色とフレーバーがジュースに抽出されます。タンニンは、アルコールが存在する場合にのみ発酵後の浸軟で抽出されます。

4.発酵

ブドウの皮に自然に存在する酵母は、マストの糖分をエタノール(アルコール)と二酸化炭素に変換します。

5.を押す

ブドウはワインプレスを使用して、または手で圧搾して果汁を抽出します。

スパークリングワイン(シャンパンなど)を生産する一部の地域では、ブドウは茎でクラスター全体に圧搾され、フェノール化合物が少ない軽いマストを作り出します。

赤ワインの場合、発酵の終了後または終了間際に圧搾を行い、色、タンニン、その他のフェノール類がブドウの皮から浸出する時間を確保します。

6.マロラクティック発酵

マロラクティック発酵は、ブドウジュース中のリンゴ酸が乳酸に変換されるときに発生します。

7.ラッキング

マロラクティック発酵後、赤ワインをラックに入れて粕(固形物と死んだ酵母細胞)を分離します。二酸化硫黄防腐剤は、酸化と細菌による腐敗を防ぐために追加されます。

8.老化

赤ワインは通常、コンクリートまたはステンレス鋼のタンク、またはオーク樽で熟成されます。オーク樽で熟成されたワインは、オークのフレーバーのいくつかを拾います。

熟成期間は、数日(ボージョレヌーボーのように)から18ヶ月以上(ボルドーレッドのように)までさまざまです。

9.清澄と安定化

一部の赤ワインは、過剰なタンニンなどの欠点を明確にして修正するために清澄を行います。ボトル内の酒石酸塩結晶の沈殿を避けるために、いくつかは低温安定化されています(特に早期飲用のもの)。

10.ろ過と瓶詰め

ほとんどのワインはろ過されて透明になり、残っている酵母細胞やバクテリア(ワインを不安定にする可能性があります)を取り除きます。

その後、ワインはガラスやプラスチックのボトルに瓶詰めされ、時にはテトラパックに瓶詰めされます。

今:

特別な機会に、ジンファンデルのボトルを開けて新鮮さを爆発させたり、シラーズの滑らかな暗闇を飲みたいと思うかもしれません。

しかし、への儀式はありますか 赤ワインを出す 、それともグラスに注ぐだけですか?

そして赤ワイン健康に良い消費?

赤ワインの提供と飲酒

ワインを最も楽しむ方法は次のとおりです。

赤ワインの出し方

赤ワインは、53ºFから69ºFの推奨温度で冷やしてお召し上がりください。ピノノワールのような明るい赤は、スペクトルの冷たい方の方が味が良くなります。

したがって、サングリアを一口飲みたい場合は、ピノノワールに新鮮な果物を浸し、室温で2時間そのままにします。次に、提供する直前にサングリアのグラスに角氷を追加します。

どのグラスで赤ワインを出しますか?

赤ワインは、丸いボウルと広い開口部を備えた大きなグラスで提供すると最高の味がします。これは、タンニンを柔らかくしたり、スパイシーな味わいの赤ワインをより丸みを帯びたものにするのに役立ちます。また、コクのある赤を呼吸させ、香りを放ちます。

また、正しい料理の組み合わせを忘れないでください。食事の経験が大幅に向上します。

赤ワインにはどんな食べ物が合いますか?

赤ワインにはどんな食べ物が合いますか?

赤ワインは味が強く、赤身の肉のような大胆な風味の食べ物と組み合わせるのが最適です。 「肉入り赤ワインと魚入り白ワイン」という一般的な提案はほとんどの場合うまくいきますが、例外もあります。たとえば、フルボディの赤は肉の風味を隠すことができますが、ガメイとピノノワールのワインは風味を高めます。

最高の赤ワイン料理の組み合わせは次のとおりです。

  • カベルネ・ソーヴィニヨン:子羊、カルビ、クリーミーなパスタなどの豊富な食事。
  • カベルネ・フラン:ローストチキンまたはグリルビーフ、アヒル、ソーセージ、魚料理、さらにはチーズ。
  • 少し:ローストチキンからビーフストロガノフ、チーズ、野菜まで、さまざまな食品とよく合います。
  • グルナッシュ:牛肉や鶏肉などの肉のグリル、煮込み、煮込みとよく合います。また、アジア料理の辛さの少ないスタイルでも機能します。
  • メルロー:アヒルやチキンなどの家禽と簡単に組み合わせることができます。
  • ジンファンデル:肉料理、ピザ料理、パスタ料理とよく合います。
  • シラーまたはシラーズ:シャルキュトリープレートのチーズと肉のほのかな風味を引き立てます。
  • マルベック:赤身の肉やスパイシーなメキシコ料理やインド料理によく合います。
  • ピノ・ノワール:赤身の肉、チーズ、アヒル、さらにはサーモンなど、ほとんどの食品とよく合います。
  • サンジョヴェーゼ:ピザとパスタ。
  • ネッビオーロ:ガチョウ、アヒル、ポークシャンクなどのゲーミーで脂肪の多い肉。

赤ワインの栄養成分

アルコールが多すぎることは決してお勧めできませんが、適度な赤ワインの摂取は有害ではないかもしれません。

興味深いことに、「 フレンチパラドックス 」はフランスでの赤ワインの消費量が多いことです! (フレンチパラドックスとは、脂肪が豊富な食事を摂っているにもかかわらず、特に英国人と比較した場合、フランス人は冠状動脈疾患のレベルが低いという事実を指します。)

赤ワインは健康に良いですか?

いくつかの研究は、赤ワインの適度な消費があなたを助けるかもしれないことを示唆しています 長生きして心臓病を予防する または他の形態の心血管疾患。

赤ワインの心臓の利点または保護効果は、そのフェノール化合物に由来します。これらのポリフェノール化合物は、血管の内壁や心臓の動脈壁を保護し、コレステロールや酸化ストレスを軽減するのに役立つ抗酸化物質です。赤ワインのポリフェノールも血圧を下げることが証明されています。

赤ワインの栄養を一瞥します。

赤ワイン1杯(約175ml)には以下が含まれます:

  • カロリー:153
  • 脂肪(飽和脂肪、多価不飽和および一不飽和脂肪を含む):0 g
  • ナトリウム:7.2 mg
  • 炭水化物:4.7 g
  • 繊維:0 g
  • 砂糖:1.1 g
  • たんぱく質:0.1g

毎日赤ワインを飲んでも大丈夫ですか?

過度のアルコール摂取は誰にとっても決して良いことではありません!適度なワイン摂取量は、1日あたり1〜2杯と定義されています。

アルコールやワインを飲む代わりに、脱アルコールされた赤ワインを試飲することもできます!

2021年に購入できる最高の赤ワインを見つける準備はできましたか?

2021年に購入すべき最高の赤ワイン(価格と味を含む)

飲むのに最適な赤ワインは何ですか?

これは、世界中のさまざまな地域からのおいしい赤ワインのセレクションです。

1.スクリーミングイーグルカベルネソーヴィニヨン2006(米国)

赤ワイン:スクリーミングイーグルカベルネソーヴィニヨン2006(米国)

スクリーミングイーグルは、ナパのオークビルのアペラシオンにある小さな一流のブドウ園で少量作られています。このカベルネソーヴィニヨンは、アメリカで最も高価なワインの1つです。

味:2006年のヴィンテージはしなやかで甘く、赤いベリー、茶色のスパイス、ミネラル、メントール、タバコの葉のアロマがあり、非常に長い余韻があります。

スクリーミングイーグルカベルネソーヴィニヨン2006の平均価格:$ 3,100 +

2. DRCロマニーコンティ2015(フランス)

赤ワイン:DRCロマネコンティ2015(フランス)

ブルゴーニュのドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)は、世界で最も収集可能であるが、最も入手しにくいワインのいくつかを生産しています。ドメーヌは、コートドールにまたがる8つの異なるグランクリュのブドウ園からワインを生産しています。

味:この強烈なフレーバーの2015ヴィンテージは、明らかにクリーミーで調和が取れています。ジューシーなチェリー、サンダルウッド、オークスパイス、シナモンのノートが特徴です。

DRCロマニーコンティ2015の平均価格:$ 21,000 +

3.ペンフォールズビン389カベルネシラーズ2017(オーストラリア)

赤ワイン:ペンフォールズビン389カベルネシラーズ2017(オーストラリア)

オーストラリアのペンフォールズエステートは、象徴的なペンフォールズグランジワインで最もよく知られています。このペンフォールズビン389は、カベルネソーヴィニヨンとシラーズの組み合わせで、「ベイビーグランジ」と呼ばれることもあります。

味:2017ヴィンテージは、ブラックカラント、カシス、チャイブ、マスタードスパイス、ミツバチ、レモン、ハニーティーの香りを提供します。シャルキュトリーミート、パストラミ、クランベリー、バニラ、甘草のフレーバーがあり、味わいは豊かです。

ペンフォールズビン389カベルネシラーズ2017の平均価格:$ 60 +

4. Achaval-Ferrer Chimera 2014(アルゼンチン)

赤ワイン:Achaval-Ferrer Quimera 2014(アルゼンチン)

ウコバレーに本拠を置くこのアルゼンチンのワインエステート、メンドーサは、主にマルベックで作られた高品質のワインで人気があります(通常は他の古典的なボルドー品種とのブレンドとして)。

味:2014年のヴィンテージは、ブラックベリーフルーツ、塩味のダークチョコレート、杉のスパイス、バニラ、クローブが集中しています。

Achaval-Ferrer Chimera 2014の平均価格:$ 30 +

5.ベガシシリアユニコ2009(スペイン)

赤ワイン:ベガシシリアユニコ2009(スペイン)

ベガシシリアワイナリーのリベラデルドゥエロエステートは、主にテンプラニーリョから作られた複雑なワインで知られています。テンプラニーリョとカベルネソーヴィニヨンの赤ブレンドであるユニコは、スペインで最も人気のあるワインの1つです。

味:2009年のヴィンテージは、熟したチェリーとスパイスの効いたプラムの美しいフレーバーが特徴で、深い森の下層植生、泥だらけのブルーベリー、シガーボックスの間で味わいが揺らいでいます。

Vega Sicilia Unico 2009の平均価格:300ドル以上

6.シャトーラフィットロスチャイルド、ポイヤック2018(フランス)

赤ワイン:シャトー・ラフィット・ロスチャイルド、ポイヤック2018(フランス)

シャトーラフィットロスチャイルドは、メドックのポイヤック地方にあります。ラフィットロスチャイルドは、世界で最も高価で人気のある赤ワインの1つです。香水、エレガンス、ハーモニー、そして50歳以上の驚くべき能力で人気があります。

味:2018ヴィンテージは、クレーム・ド・カシス、タバコ、杉、グラファイト、鉛鉛筆の削りくずの美しいノートを保持しています。ダークフルーティーなブラックベリー、甘草、スパイスのフレーバーを備えたバランスの取れたフルボディのワインです。

シャトーラフィットロスチャイルド、ポイヤック2018の平均価格:700ドル以上

7. Gaja Barbaresco、ピエモンテ2006(イタリア)

赤ワイン:ガジャバルバレスコ、ピエモンテ2006(イタリア)

Gajaはピエモンテ州バルバレスコにあり、イタリアで最も象徴的なワインメーカーの1つです。ワインエステートは、100%ネッビオーロであるこのバルバレスコのようなネッビオーロベースのワインでよく知られています。

味:2006年のイタリアのヴィンテージは、明るく、強烈で、熟したベリーの香りがします。チェリーリキュール、バニラスパイス、レザーの香りがあり、深みのある豊かな味わいです。アルコール度数が高く、タンニンが柔らかく、余韻が長い。

(あなたが買うことができる最高のバルバレスコワインのいくつかについてもっと読むために、読んでください この有益な記事 。)

平均価格ガジャバルバレスコ、ピエモンテ2006:300ドル以上

8.マルケシアンティノリソライアトスカーナIGT2015(イタリア)

赤ワイン:マルケシアンティノリソライアトスカーナIGT 2015(イタリア)

有名なトスカーナのワインメーカー、アンティノリは次のような有名なワインを生産しています ソライア 、TignanelloとGuado alTasso。

味:2015年のヴィンテージは、アニス、ブラックベリー、バニラ、ダークフルーツ、スパイス、甘草の豊かで強烈な甘い香りとフレーバーを持っています。フレッシュな酸味、熟したタンニン、そして余韻の長いレイヤードワインです。

平均価格マルケシアンティノリソライアトスカーナIGT2015:300ドル以上

9.シャトーラヤスシャトーヌフデュパプリザーブ2008(フランス)

赤ワイン:シャトーラヤスシャトーヌフデュパプリザーブ2008(フランス)

シャトーラヤスは、シャトーヌフデュパプに12ヘクタールのブドウの木を所有しています。主にグルナッシュ、シラー、ムールヴェードルから作られたパワフルでフルボディのワインで有名です。

味:2008年のヴィンテージは、ミネラルが豊富な香りがあり、酸味が豊富です。フレーバーは、ハーブとグリーンオリーブの色調のサルサパリラソーダ、赤い果実が特徴です。ミディアムボディの辛口の赤ワインで、余韻が長い。

平均価格シャトーストライプ シャトーヌフ教皇 リザーブ2008:600ドル以上

さらに読むために、いくつかをチェックしてください 世界で最高のワインブランド 、および 最高のフランスワインのいくつか あなたは手に入れるべきです。

赤ワインの購入方法

赤ワインを買う方法はたくさんあります。最も簡単なのは、地元のワイン商人を訪ねることです。

また、特に希少なワインについては、オンラインのワイン販売業者、ワインオークション、またはワインブローカーをチェックすることもできます。

ただし、ほとんどの場合、自分で市場調査を行って、購入するのに最適な赤ワインボトルそしてその最高の価格

あなたのワインボトルが本物、あなたも世話をする必要があります保険運送、そして完璧ストレージあなたが持っていない場合の解決策 適切なワイン貯蔵 既に!

ありがたいことに、はるかに簡単赤ワインの買い方!

推奨されます