論文

この母の日、ピンクに行くか家に帰る

rosewine.jpgコートニー・コクラン

ロゼワインが州内で前例のないレベルの人気を享受している中、ニールソン社は最近、プレミアムピンクワインの売り上げが今年53.2%と驚異的に増加したことを明らかにしました。母の日に、ピンクを飲むのにこれ以上の言い訳はありません。確かに、スーパーマーケットからコストコ、そして国内で最もトニーなワイン商人まで、ピンクのボトルがかつてないほど多く店頭に並んでおり、今週の日曜日にピンクにならない理由はありません。
彼らはそれだけの価値があるからです
なぜ命令的なのですか?ロゼワインは、甘さ、危険なほど低い酸味、くすんだ一次元のフレーバープロファイルによって傷つけられた安価な箱入りジュースのように長い間嘲笑されてきたため、主に型から抜け出しました。確かに、今日のプレミアムピンクの瓶詰めは、味わいが乾いていて、花や熟したベリーの果実のかわいらしい春のような香りと風味に裏打ちされた生き生きとした酸味を誇っています。しかし、この進歩にもかかわらず、ピンクワインは依然として深刻な汚名に直面しています。多くの人々は、定期的に提供するには「ガーリー」すぎるとしてそれらを却下します。そして、すべての休日の中で最も「ガーリー」を祝うために、今週の日曜日にピンクを飲みましょう。私たちの生活の中で素晴らしい女性と、市場に出回っている多くの素晴らしい、そして過小評価されているピンクワインの両方を祝います。

推奨されます

オレゴンオデッセイ

Wine Guru
論文

ナパゴルフガイド

Wine Guru
論文