ブログ

フランスワインの究極のガイド(トップ21のワイン、地域、用語)

あなたのコレクションに最高のフランスワインボトルを追加してみませんか?

フランスワインの魅力的な世界は広大です。多くのワインの名前、地域、アペラシオン、ブドウの品種などは確かに混乱しているように見えるかもしれません!

どのフランスワインを試してみるべきですか?または、投資コレクションに追加しますか?

この記事では、フランスワインについて知っておくべきことをすべて探ります。私たちはあなたが最高のものの21を厳選しましたすべきつかむ。フランスワインを購入する最も簡単な方法も教えてくれます飲用と投資のため



参考文献

発見する 2020年に世界で最高のワインブランド。 お祝いのワインを選んでほしいなら、美味しいものを試してみてください フレンチレッドボージョレヌーボー とヴィンテージシャンパン ドンペリニヨン!




この記事の内容:

(特定のセクションに移動するには、以下のリンクをクリックしてください)

  • フランスワインについて知っておくべきことすべて
  • あなたが飲むか投資するべき21の有名なフランスワイン

フランスワインについて知っておくべきことすべて

すべてがどのように始まったかから始めましょう。




フランスワインの簡単な歴史

フランスのワイン造りは、ギリシャの入植者が南ガリアに植民地化した後、紀元前6世紀に始まりました。しかし、300年代にすべての主要なワイン産地にブドウの木を植えたのはローマ人でした。

それ以来、フランスのワイン産業は繁栄し続けました-19世紀にカビとフィロキセラが広がり、ブドウ園全体を破壊して植え替える必要がありました。


その後のヨーロッパの景気後退と2つの世界大戦により、フランスのワイン産業は数十年にわたって不況に陥りました。

1935年、フランスの利益を保護するためにアペラシオンドリギンコントローレ(AOC)が設立されました。このシステムは、農産物の品質を保護し、詐欺を防ぐために、地理的なワインの地域とその明確な特性(テロワール)を定義しました。

その後、1970年代以降の巨額の投資と新世代のフランスのワインメーカーの努力により、今日私たちが知っているように、現代のフランスのワイン産業が生まれました。

テロワールとアペラシオンという用語が何を意味するのか疑問に思ったことはありませんか?




テロワールとは?

ワイン産地が大まかにテロワールと呼ばれているのを聞いたことがあるかもしれません。しかし、テロワールは、ブドウが栽培される土壌、気候、標高などの環境要因を指す概念です。これらすべてのテロワールの要素が組み合わさって、ワインに独特の風味と香りを与えます。



アペラシオンシステムとは何ですか?

アペラシオンは、ブドウが栽培される法的に定義された地域です。フランスでは、アペラシオンドリジーンコントローレ(AOCシステム)が、各アペラシオンで使用できるブドウの品種、最小アルコールレベル、ブドウ園を植えることができる密度、および収穫量を厳しく規制していました。

2012年には、Appellation d'OriginProtégée(AOP)に置き換えられ、現在は欧州連合全体がこれに続いています。

フランスワインのカテゴリー

フランスワインには4つのカテゴリーまたはクラスがあります。

1.1。原産地指定(AOC)の管理、以前に見たように、現在はAOPです。

二。原産地指定高品質ワイン(AOVDQS):これは、階層内のAOCワインのすぐ下にあります。ブドウの品種、生産量、ワイン製造プロセスに関して、AOCと同様の規則と規制があります。

3.3。カントリーワイン:AOCアペラシオンルールに該当しないすべての「カントリーワイン」は、このカテゴリに分類されます。葡萄の種類と生産方法については寛大なルールしかありません。

四。テーブルワイン:「テーブルワイン」は、このフランスワインの最も低いカテゴリーに分類されます。ブドウ園の管理やワイン造りを管理する規則はありません。ワインのラベルには、ブドウの品種、ヴィンテージ、またはアペラシオンは表示されません。



フランスの主要なブドウ品種

メルローはフランスで最も植えられているブドウ品種で、 14% ブドウの木の領域の。

国で植えられているトップのブドウ品種は次のとおりです。

  • メルロー
  • ウグニブラン
  • グルナッシュ
  • シラー
  • カベルネ・ソーヴィニヨン
  • ピノ・ノワール
  • シャルドネ
  • ソーヴィニヨンブラン
  • カベルネ・フラン
  • カリニャン


フランスで生産されたワインスタイル

フランスワインは大きく分類できます

  • ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ジンファンデルなどのブドウ品種の赤ワイン
  • プロヴァンスのロゼや甘いホワイトジンファンデルのようなロゼワイン
  • シャルドネ、リースリング、ソーヴィニヨンブラン、モスカトなどの白ワイン
  • シャンパンとヴヴレーのスパークリングワイン。

素晴らしいワインを選ぶことの複雑さを増すために、ある地域のフランスワインラベルが他の地域とわずかに異なることがわかります。



フランスワインのラベリング慣行

ボルドーのワインラベルには、地所の名前と分類、アペラシオン、瓶詰め情報、ヴィンテージ、アルコール含有量、および量が含まれます。

アルザスのワインラベルには、アペラシオン、ブドウ園または区画、ブドウの品種、ヴィンテージ、生産者の詳細、亜硫酸塩の通知、アルコール含有量、および量が記載されています。

等々。

フランスの有名なワイン生産地域を見てみましょう。



トップフランスワイン産地

ボルドーとブルゴーニュが最初に頭に浮かぶでしょう!ローヌ渓谷、ボジョレー、ラングドック・ルシヨン、ロワール渓谷など、さらに多くのワイン産地があります。

ボルドー

フランス南西部に位置するこの地域には、主に赤のカベルネソーヴィニヨン、メルロー、カベルネフランのワインを生産する60以上のワインの原産地があります。この地域は温暖な地中海性気候です。

有名な赤の他に、この地域ではソーヴィニヨンブラン、セミヨン、ミュスカデルで作られた白ボルドーも生産されています。

ブルゴーニュ

ブルゴーニュ(またはブルゴーニュ) ピノノワールの赤、白のシャルドネ、ボジョレーガメイのワインの遺産があるフランスのワイン産地です。

ブルゴーニュには、ブルゴーニュグランクリュ、プレミアクリュ、ヴィレッジワイン、リージョナルワインに分けられる100以上のアペラシオンがあります。

ブルゴーニュには、チョークのような地形のシャブリ、コート・ド・ニュイ、コート・シャロネーズ、マコネー、ボーヌ近郊のコート・ド・ボーヌなど、5つの主要なワイン産地があります。

ブルゴーニュのコート・ド・ニュイ地区には、赤いブルゴーニュグランクリュのブドウ園があります。コルトングランクリュブルゴーニュワインエリアはブルゴーニュの南にあります。小さなジュラワインエリアはブルゴーニュの近くにあります。

シャンパン

これは、パリの東にある最北端のワイン産地です。きらめくブラン・ド・ブランとブラン・ド・ノワールで知られています。

ローヌバレー

ローヌバレーは、シャトーヌフデュパプとエルミタージュのアペラシオンからのシラーとグルナッシュのシラームールヴェードル(GSM)ブレンドワイン、およびヴィオニエブドウから作られたコンドリューワインで有名です。

ローヌ川はローヌ渓谷またはコートデュローヌを流れ、ローヌ南部とローヌ北部に分かれています。

プロヴァンス

プロヴァンスは南東海岸のフランスワイン産地で、カベルネソーヴィニヨン、シラー、サンソー、ムールヴェードルのブドウ品種からの赤ワインで知られています。

アルザス

このワイン産地は、リースリング、ピノグリ、ゲヴュルツトラミネールのワインで知られています。この地域のワインは、Rosenhof Pinot Gris 2018のように、原産地ではなくブドウ品種にちなんで名付けられています。

ボジョレー

ボジョレーはブルゴーニュの南に位置し、フルーティーで活気に満ちた赤いボジョレーガメイワインで有名です。独特のボジョレーフレーバーは、ニズラン川によって肥沃にされた土壌に由来しています。

コルシカ島

コルシカ島は地中海に浮かぶフランスの島で、ピノノワール、テンプラニーリョ、バルバロッサのブドウ園で人気があります。トスカーナの影響を受けたパトリモニオやアジャクシオなどの素晴らしいワインを見つけることができます。

ラングドックとルシヨン

ラングドック=ルシヨンは、プロヴァンス地方からピレネー山脈とスペイン国境まで広がる南フランスの歴史的な沿岸地域です。ラングドックのワインシリーズは、シラー、グルナッシュ、カリニャン、サンソー、ムールヴェードルのブレンドで構成されています。

ロワール渓谷

北西部のロワール渓谷のブドウ園では、ソーヴィニヨンブラン、ロワールヴーヴレ、ロワールプイイフューム、シノン、マルサンヌ、ミュスカデなどのワインが生産されています。最も有名なロワール渓谷のアペラシオンは、石灰岩が豊富なソーヴィニヨンブランのブドウ園があり、ロワールプイイフュームのような辛口の白ワインを作るサンセールです。ロワールには人気のシュナンブランブーブレーもあります。

フランス南西部

サウスウェストまたはシュッドウエストは、マルベック、コロンバール、ウグニブラン、グロマンサンのブレンドを生産しています。

それでは、重要な質問に焦点を当てましょう。どのフランスワインをワインコレクションに追加する必要がありますか?

あなたが飲むか投資するべき21の有名なフランスワイン

フランスのトップシャトーから素晴らしいワインを厳選しました。あらゆる機会を祝ったり、長期的な投資として購入したりするのに理想的です。



1.シャトーラフィットロスチャイルド

Premier Cru Classe Lafite Rothschildは、ボルドー地方のメドックのポイヤックアペラシオンにある家族経営のシャトーで作られています。

使用されるブドウの品種は 80-95%カベルネ・ソーヴィニョン、5-20%メルロー、0-5%カベルネ・フランとプチ・ヴェルド。

です 芳香 トリュフ、スパイス、杉、タバコ、シャープペンシル、赤いベリーの素朴なノート。そして、それは最低15年の瓶熟成で最高の味がします。



2.ルイ・ロデレール、クリスタル

クリスタルは、ランスにある家族経営のメゾンドシャンパーニュであるルイロデレールのフラッグシップキュヴェです。

このシャンパンは、40%のシャルドネと60%のピノノワールから作られています。

絹のような滑らかなテクスチャー、フルーティーなアロマ、そして柑橘系のノートを伴う強いミネラルの質のためにそれを飲んでください。ワインの鮮度を損なうことなく、少なくとも20年間は簡単に保存できます。



3.シャトーラミッションオーブリオン

シャトーラミッションオーブリオンは、1953年のグレイブス分類のクリュクラッセの1つであるボルドーのペサックレオニャンのアペラシオンで作られた赤ワインです。

シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン・ブランの白ワインは、13〜16ヶ月間熟成されます。

ワインはコクがあり、トリュフ、煙、土、タバコ、スパイスの香りが凝縮されています。



4.シャトーベイシュヴェル

シャトーベイシュヴェルは、ボルドー地方のサンジュリアンアペラシオンで生産されたクアトリエムクリュです。

この濃厚で濃縮されたフレッシュな味わいのボルドーワインには、カシス、土、スパイス、タバコの香りがあります。

シャトーベイシュヴェルは通常、8〜12年の瓶熟成でより良いです。



5.ドメーヌドラロマネコンティ

世界有数のワインメーカーとして広く認められ、 ドメーヌドラロマネコンティ (またはDRC)は、有名な赤と白のワインを生産するブルゴーニュのワイナリーです。ドメーヌは25ヘクタールのブルゴーニュグランクリュのブドウ園で、主なブドウ品種はピノノワールです。

豪華なロマネコンティワインは、古いブドウの木の果実の香りとテロワールの独特の特徴を反映していることで知られています。 1780年、パリ大司教はそれを「 ボトルに入ったベルベットとサテン 。」



6.シャトーコスデストゥーネル

Chateau Cos D’Estournelは、ボルドーのサンテステフアペラシオンで生産されたドゥシエムクリュボルドーワインです。

この赤いブレンドを飲むと、鉄の赤いベリーと下草のフレーバーをスパイシーなフィニッシュで味わうことができます。ざらざらした食感と適度な深みのあるミディアムボディのワインです。

通常、Cos d’Estournelは、ボトルで10〜20年熟成させた後、飲む準備ができています。



7. Chapoutier Ermitage Rouge

Maison M. Chapoutierは、ローヌ渓谷のワイン産地のタンレルミタージュにあるワインメーカーです。彼らのエルミタージュワインは、ラベルに点字を書いた最初のワインでした。

有名なエルミタージュのアペラシオンからのシラーレッドは、エルミタージュルージュの名前で識別されます。たとえば、フルボディの2003年のエルミタージュルージュは、プラム、甘草、砕いた岩のアロマとフレーバーを備えた真っ黒な色をしています。



8.フルールペトリュス

ChâteauLaFleur-Pétrusは、ボルドーの右岸にあるポムロールで作られています。それは主にメルローでできており、それはそれが知られている絹のような寛大さを与えます。少量のカベルネ・フランは、ワインに厳格さと複雑さを加えます。

La Fleur Petrusを楽しむには、少なくとも8〜12年の熟成が必要です。



9.シャトーモントローズ

シャトーモントローズは、ボルドーのサンテステフの原産地にあります。ここで作られたワインは、1855年のボルドーワインの公式分類で14のドゥシエムクリュの1つに分類されています。

モントローズワインは、65%のカベルネソーヴィニヨン、25%のメルロー、10%のカベルネフランのブレンドです。

シャトーモントローズの最高のヴィンテージには、何十年も熟成する能力があります。ボトルで少なくとも10〜20年後にそれを消費します。



10.シャトーオーベイリー

Haut Baillyは、ボルドーのペサックレオニャンアペラシオンの斜面にあるグレイブスクリュクラスのワインエステートです。

このブドウ園は、カベルネ・ソーヴィニヨン(65%)、メルロー(25%)、カベルネ・フラン(10%)との赤のブレンドのみを生産しています。

2011年のラ・パルド・ド・オー・ベイリー、ペサック・レオニャンのようなオー・ベイリーのワインは滑らかでシルキーで、素朴なノートと深みのある果実味があります。



11.ドンペリニヨン

ドンペリニヨンは、ワイナリーであり、高級品会社のモエヘネシールイヴィトンの共同所有者であるモエエシャンドンが製造したヴィンテージシャンパーニュです。シャンパンワインのパイオニアの一人であった17世紀のベネデクチン僧にちなんで名付けられました。

ワインは60%シャルドネブドウと40%ピノノワールです。特に、各ボトルには1年分のブドウしか含まれておらず、ヴィンテージではないドンペリニヨンは見つかりません。



12.シャトースミスオーラフィット

スミスオーラフィットは、ペサックレオニャンのアペラシオンからのクリュクラッセボルドーワインです。

シルキーなテクスチャーとアロマの魅力を備えた2010年のスミスオーラフィットルージュのような赤ワインや、木質と柑橘系のノートを備えたエレガントな白のソーヴィニヨンブランワインを見つけることができます。

ボトルを開ける前に、ボトル内で最低8〜10年熟成させる必要があることを忘れないでください。



13.シャトーピションラランド

Pichon Lalandeは、ボルドーのポイヤックにあるルイロデレールのブドウ園で作られたDeuxièmesCru(Second Growth)ワインです。

Pichon Lalandeは、少なくとも10〜12年の瓶熟成で最高の味がし、ヴィンテージ後15〜40歳で成熟します。

味わいは、ダークベリー、トリュフ、カシス、スギのシルキーなベルベットの質感が味わえます。



14.シャトー・イケム

Chateau Y’Quemは、ボルドーのグレイブス地方にあるソーテルヌ産のプレミアクリュシュペリウールワインです。

ワイン造りのプロセスでは、完全にボトリット化された果実のみを収穫し、各ブドウの木が1杯のワインしか生産できないほどの収穫量が少なくなります。

セミヨンとソーヴィニヨンブランから作られたこれらの甘いワインは、その複雑さ、濃度、そして高い酸味が特徴です。



15.シャトートロプロンモンドット

プレミアグランクリュクラッセシャトートロプロンモンドは、ボルドー右岸のサンテミリオンのアペラシオンで生産されています。

シャトー・トロプロン・モンドットは、濃いプラム、甘草、コーヒー、スパイス、ブラックベリー、石、チョコレート、花の香りがする、濃厚で官能的な味わいがユニークです。 8〜10年の瓶熟成後に最も楽しめます。



16.ボリンジャーRD

ボランジェRDは、ボランジェがシャンパンで作ったスパークリングワインです。 RDまたはrécemmentdégorgéは、「最近解体された」という意味で、その粕(残留酵母やその他の粒子の堆積物)に8年間存在し、複雑なフレーバーを生み出します。

そのラベルには、解体日(堆積物が除去された日付)が記載されています。

ボランジェRDは通常、すぐに消費できる状態で出荷されます。



17.シャトーコンセイランテ

シャトーコンセイランテまたはラコンセイランテは、ポムロールのアペラレーションからのボルドーワインです。ワインは分類されていませんが、このエステートはポメロールのワインメーカーのクリーム・ド・ラ・クリームの1つです。

調和のとれた洗練されたビロードのようなシャトーラコンセイランテの平均年齢は34歳です。あなたのワイン愛好家は、プラム、ダークチェリー、花、ブラックラズベリー、チョコレートの香りを気に入るはずです。



18.シャトーポンテカネット

赤いシャトーポンテカネは、ボルドーのポイヤックのアペラシオンで同じ名前のブドウ園で生産されたシンキエムスクリュです。

興味深いことに、馬はトラクターではなくポンテカネのブドウ園で土壌を回転させています。同じ場所に2回足を踏み入れないため、土壌の通気性が向上します。

このパワフルなボルドーワインは、濃縮され、バランスが取れており、タンニンがあり、10年の瓶熟成後に最高の味がします。



19.シャトーリンチバゲス

赤ワインのシャトーリンチバジェスは、ボルドーのポイヤックで作られたもう1つのシンキエムクリュです。

ワインの独特の特徴、深みのある色、タンニンの骨格、しなやかで滑らかなストラクチャーは、その特徴的なスタイルの一部です。最高の状態を示すには15〜20年かかり、湿った土、カシス、タバコ、トリュフの風味を与えます。



20.シャトーカロンセグル

シャトーカロンセグルのワインは、ボルドーのサンテステフワイン生産地域で作られています。

それらは通常、78%のカベルネ・ソーヴィニヨン、20%のメルロー、2%のプチ・ヴェルドで構成されています。

これらのTroisièmesCrusClassé(Third Growth)ワインは、非常によく進化し、熟成します。緑豊かで熟した洗練されたワインは、ボトルに入れて10〜15年後に最も楽しむことができます。



21.テタンジェ

テタンジェはランスにあるフランスのブドウ園で、シャンパーニュ伯爵とヴィンテージではないブリュット保護区を生産しています。

ブリュットリザーブは、シャルドネ40%、ピノノワール35%、ピノムニエ25%で、フレッシュなフルーツとパンのノートがあります。 Comtes de Champagneは100%シャルドネのブドウで、Comtes deChampagneRoséは70%のピノノワールと30%のシャルドネで作られています。

フランスワインの世界は 魅力的でありながら圧倒的ですね。

では、どうやって最高のフランスワインを手に入れるのですか?

これを行う最も簡単な方法は次のとおりです。


推奨されます